保湿とは潤すことではなく、潤いを逃がさないこと

スキンケアの基本の最終ステップは「保湿」です。

前のステップで潤した水分を肌から逃がさないようにすることです。

水分はそのままではすぐに蒸発してしまいます。

せっかく、潤した水分を蒸発させてしまっては、もったいないですね。


お肌が持つ「保湿機能」を知って、お肌のお手入れに役立てて欲しいと思います。


角質層の中には保湿に大切な成分があります。

皮脂膜・NMF(天然保湿因子)・細胞間脂質が3大要素と言われています。

皮脂膜は皮膚の表面にある天然クリームと呼ばれているものです。

皮膚からの水分蒸発を防ぎ、表面をなめらかにします。

NMFは角質の中にあって、水分を取り込んで逃がさないようにする保湿因子です。

細胞間脂質は角質層の隙間にあって角質から水分が流出するのを防いでいます。

セラミドなどの脂質が主成分になっています。

これらの成分はレンガ積みのような構造になっています。

角質がレンガ、その周りのコンクリートが細胞間脂質で表面を皮脂膜が覆っているというイメージですね。


この「保湿機能」をくずさないように、上手に保湿のお手入れをすることが大切です。

そして、気をつけて頂きたいことが「やりすぎ」に注意です。

せっかく自分自身が持っている天然の保湿機能。

それを人工の乳液やクリームなどを与えすぎると、お肌が油脂は足りていると勘違いして分泌しなくなってしまいます。

するとターンオーバーのリズムにも変化が出来てしまい、お肌のサイクルシステムが狂ってしまいます。


お肌の状態をしっかり見極めて、上手に化粧品をおぎない自分の肌を作って頂きたいものです。


Copyright © 2009 無添加スキンケア【化粧品の添加物は悪なのか?】 All Rights Reserved.